マンションの雨漏り対応

マンションで雨漏りかもしれないと感じたら、賃貸の場合は、まず貸主や管理会社へ連絡します。


購入マンションの場合は、管理会社へ連絡します。マンションの場合は、雨漏りなのか、上の階からの水漏れなのか、ということを判断する必要があります。
屋上に問題なく、水漏れもないという場合もあり、外壁が原因だったということもあります。


賃貸・購入、いずれの場合も管理会社が調査しますので、調査結果を待ちます。

調査の結果、雨漏りであることがわかったら、賃貸の場合は貸主が修理することが原則となります。

毎日新聞の情報を確認できるサイトです。

ただし故意による屋上の破損などの場合は別です。
購入の場合は、通常、管理組合が修理費用を負担することになります。雨漏りの原因となった天井部分は、共有部分になります。

雨漏り修理大阪に関するご質問を解決いたします。

そのため修理費用は管理組合になるのです。

しかし、雨漏りが原因で天井に染みができてしまったという場合は、天井は個人のものなので、その原因となった屋上の持ち主である管理組合に賠償を求めるのは、なかなか難しいことです。



また、個人で修理しようとか、解決しようとかは、決してしないようにしましょう。マンション住民との感情的なトラブルになってしまうことがあります。

管理会社を中心に、業者による調査、確定、それから修理、賠償問題と、できるだけトラブルにならないように解決していきましょう。
おかしいと感じたら、被害が大きくならないうちに、できるだけ早く修理など手を打つ必要があります。


それ以上に、天井などの定期的なメンテナンスを怠らないようにすることが大切です。