マンションの雨漏りについては

マンションの雨漏りについては中々原因を特定できない場合があります。
というのも雨漏りだと思っていたものが上階で排水が詰まったりオーバーフローして下階へ漏れる場合があるからです。

又、目に見えないところでは浴室の排水不良や給排水管が古くなって腐食したりするとそこから漏れて伝わるということもあります。

マンションの雨漏りはそれ以外では外壁のクラックから侵入して鉄筋を錆びさせたりしてそれが膨張し、さらにクラックを生じてそこから漏れるという場合や、コンクリートが巣になっているところは雨水が浸入してそこから漏れやすいとされています。
そしてベランダの付け根の場所や各階のコンクリートの打ち継ぎ場所では分離が起きやすいところでもあり雨水が浸入する可能性があるとされています。

コトバンクに関してとにかく簡単に調べられます。

窓サッシ回りのコーキングは年月と共に劣化して収縮し、コンクリートとサッシの間に隙間が生じてそこから雨水が入って雨漏りの原因になる場合もあります。マンションの雨漏りで屋上にその原因があると考えられる場合は防水塗膜の劣化やひび割れ、穴あき、スラブのひび割れなどが原因になる場合もあります。

あなたに合った雨漏り情報選びをサポートします。

とかく屋上部分は上がって見る機会が少なくて防水状況が悪いことに気づき難いものです。

こういう状況を室内で発見した場合には写真で記録として残し、その変化などから原因を特定する資料にできます。

そして原因は中々特定することが難しい場合もあり、このような場合には即修理業者に依頼するよりも防水施工の専門家やコンクリート診断士、あるいは建築士に診断してもらうことが大切です。



最近では短期間で精度も高い調査方法として電気抵抗試験という方法もあるようです。