マンションで雨漏りが起きた時の修理費負担

最近では一軒家を持って住んでいる人というのはそこまで多くなく、特に若い人などになるとおおよそがマンションなどの賃貸物件に住んでいることでしょう。

雨漏り修理費用情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

こういった物件は一軒家を所持するよりも費用的には安くつくことが多いのですが、賃貸物件となるとそれなりにトラブルもあります。特にマンションで比較的よく起きるのが物件が破損した場合の修理費負担のトラブルです。



雨漏りが起きた時には入居者と大家や管理会社のどちらが直すのかということでもめることもありますが、これは責任がどこにあるかで変わってきます。

エキサイトニュースの情報を多数ご用意したサイトです。

まず雨漏りの責任が入居者に無い天災などが原因となっているケースでは、基本的に大家か管理会社のどちらかが支払うのが妥当です。物件を管理する上で入居者が生活できるような状況を保つことは物件を保有する側の義務ですし、老朽化などが間接的な要因だった場合には明らかに物件を保有する側が対処するべき事態でしょう。


こういった場合に修理費を入居者に対して求めるというのは妥当では無く、雨樋の詰まりなどのメンテナンス不足が原因だった場合も同様です。
では逆に入居者側が負担するケースは何かというと、これは雨漏りの直接的な原因が入居者にあった場合です。

例えば家具を移動する際に天井を壊してしまって雨が入ってくるようになった、雨樋の清掃を指示されていたのに怠った、こういった場合は入居者が注意していれば雨漏りは生じなかったわけですから、大家や管理会社は修理費の負担を求めることができます。
マンションの状況によっても話は変わってくるため最終的には両者の交渉が必要になるでしょうが、一般的にマンションで発生した雨漏りの修理費負担は責任がどこにあるかで変わると覚えておきましょう。